ソイエで足の脱毛すると毛穴が炎症する スカートの似合う肌へ

足の毛を除毛する時に便利なソイエですが、
私は結構な確率で毛穴が炎症して赤くなっちゃいます。

 

ムダ毛処理は毎日のスキンケアと同じくらい大事。
毛深いと全身の毛を処理しないといけないので、
カミソリなどで処理するのは時間がかかります。

 

しかも上手に剃れないことが多くて、
剃り残しや傷が増えてしまいますよね…。

 

露出が多くなる季節には欠かせないケアですが、
なかなか面倒くさい上に、綺麗にならなくて
ついイライラしてしまうことないですか?

 

街で見かける同じ20代くらいの女子が、
ミニスカやショーパン履いてるのを見ると、
すごくうらやましいって思ってしまうんですよね…。

 

カミソリは手軽だけど、剃り残しや炎症、痒み、
乾燥などの肌トラブルが出やすい処理方法です。

 

カミソリだからダメなのかも?と思って、
ソイエを買ってみたけど、思ったより痛いし、
毛穴周りが赤くなって茶色に変色してきてる気が…。

 

どうして綺麗に処理できないのでしょうか…。
実際に長年使ってみてわかったことは、
思ったより肌への影響が大きいことでした。

 

■抜く脱毛器の問題点

 

ソイエに限らず、抜いて処理する方法は、
カミソリとは違う問題点があります。

 

抜く脱毛器とは電動式で、ヘッド部分の回転により、
ムダ毛を絡めて毛根から抜いていく脱毛器です。

 

  • 痛い
  • 毛穴の開き、炎症
  • 埋もれ毛
  • 残り毛
  • 毛嚢炎
  • 色素沈着

 

ムダ毛を剃ると皮膚全体に影響がありますが、
抜くと毛穴トラブルが増えてしまいます。

 

肌の弱い人なら使った瞬間「痛い!」と感じ、
そしてじんわり毛穴と周辺が赤くなってきます。

 

痛みはある程度仕方がないとしても、
毛穴が開いたり色素沈着するのは困りますよね。

 

私も最初はツルツルになっていい感じだったので、
これはいいかも!と使い続けていくうちに、
だんだんと肌が汚くなってしまいました。

 

本当に徐々になので気づきにくいのですが、
気づいた時には、乾燥して毛穴周辺が茶色かったです。

 

全ての人が私のようになるわけではないし、
処理間隔を空ければトラブルも減ると思います。

 

毛深いと生えるスピードが早いので、
ついジーってやってしまうんですよね(汗)

 

蚊に刺された痕が消えない人や、
肌が弱い人は炎症が長引くので注意が必要です。

 

処理中に途中で毛が切れたり、
次に生えてくる時に、毛が皮膚の中で埋もれて
埋没毛という状態になることもあります。

 

これを針でほじくり出したりすると、
ますます毛穴が汚くなるので絶対にダメです。
やりたくなるんですけどね…。

 

そして抜いた後、細菌感染して起こるのが毛嚢炎。
皮膚上のブドウ球菌などが毛穴の奥に感染して、
ニキビのように膿を持ったブツブツができます。

 

どちらからというと足にはできにくいですが、
不潔にしているとトラブルになります。

 

乗り換え

 

■まとめ

 

以上のように抜くタイプの脱毛器を使って、
肌トラブルを繰り返すと毛穴が色素沈着により、
茶色く変色して目立つようになってしまいます。

 

ひざ下は露出することが多い場所なので、
処理回数が増えるのは仕方ありませんが、
できるだけ傷をつけないよう気を付けて下さいね!

 

あまりにも色素沈着がひどいと、脱毛する時、
痛みが大きくなるし火傷の危険もありますし、
脱毛自体できないこともあるんですよ。

 

 

「美」を追求し始めると終わりがないので、
すごく大変だなって思いますが、
自分に手をかけた分だけ綺麗になるのは確か。

 

女性の脚は男性の視線を集める場所です。
見た目だけじゃなく触り心地のよい肌にして、
想像力をかきたてるような美脚を目指しましょう。

 

スカートの似合う脚になれますように!